すぷぅの徒然日記

内なるものぐさとの闘争

22年目の告白を見てきました。

22年目の告白について話します。

ネタバレ注意!!

 

 

 

 この映画は今話題になっている藤原竜也が出ているので、(近日たまたま藁の楯を見たことも強く影響している)、似たような面白そうな作品だと感じて見ようと思いました。

 

藁の楯

 


予告編を何度も見ていると予告編のセリフが映画に出た瞬間、お!と感じてニヤニヤしてしまいます。予告編を何度も見た映画を見ると毎回感じる現象です。

主役である藤原竜也が『牧村刑事』と呼ぶ声がまだ頭の中で反復されて再生されるほどです…
聞いてみたい方はぜひどうぞ

 

https://youtu.be/Zcw86Zra9fA


映画を見ようとしている方、内容は知りたくないよーって方はここから先は見ちゃダメですよー

本編を見た感想を述べるので、本編を見る際に真剣に見れなくなります。

 

 

結構止めましたからね?

 

 

もう止めませんよ?


映画館で、すぷぅのせいで真剣に見れなーい!!!!
って思っても知らないですからね!

 


それでは↓どうぞ

 

 

<本編の感想>
被害者は5人いますが、その遺族は4人分しか出てこないのが些か気になりました…
トーリー不足かな?
役目がなかったかな?
などと邪推してしまいました。

 

また本編中程から仲村トオル演じる仙道というニュースキャスターが登場します。
伊藤英明』『仲村トオル』『仙』
この三セット来たら頭の中は完全に

 

f:id:sput:20170628224955j:image


海猿ですね。

 

 

 

海猿 -UMIZARU?

 

あと四者面談大騒ぎの後にカメラクルーのちょっとしたシーンの意味が最初は分からなかったけど、あとできちんと回収というか、そういう意味か!ってすっきりする構成は視聴者想いだと感じました。


そして…みんな本書きすぎ…笑


完全ネタバレは防いでいるはずです。
映画好きとしてネタバレはダメ!と思ってますので…
でも、映画を見た人と感想を話したいと感じたので、見終えた人にはわかるネタでまとめました。

皆さんもオススメの映画等ありましたら教えてほしいです。

 

まだまだいいシーンは多いので紹介したいのですが、おや、内なるものぐさが目を覚ましました。

またの機会に、、、